野球・怪我|ストレッチ 効果の出るやり方があります

ストレッチをより効果的にする方法

メンバーがストレッチをやっているのをみると
あ〜流してやっているな〜と感じることがあります。

じっくり時間をかけるわけでもなく、
話をしながら、とおりいっぺんって感じでしょうか。

ストレッチは2つの効果を期待してやっています。

@筋肉をほぐし、柔軟な筋肉にする⇒守りのストレッチ
A関節まわりの筋肉を柔軟にする⇒攻めのストレッチ

ストレッチを積極的に行うところは以下。

○ふくらはぎ
○肩
○股関節
○手首・足首
○モモ

ストレッチを効果的にするポイントはどこを伸ばしているか
意識しながらやることと、呼吸をすること。

血液を送って、新鮮な酸素を供給することで筋肉が柔軟に
動くようになります。ですから息をとめてはいきません。

体をひねる、伸ばす動作で息をとめている人がいますが
これでは酸素がおくられません。

それとそれなりに時間をかけましょう。
自分は30秒単位でやっています。
ふくらはぎなどは片足2セット60秒です。

60秒ってけっこうながいですよ。
今度はかってみてください。

ふくらはぎは肉離れを起こしやすいので
時間がない時でも最優先でやりましょう。

肉離れを何回もやりましたが
いや〜いて〜。

切れたとき至近距離からのボールがふくらはぎに
ぶつかったかと思いましたよ。

さて、Aの積極的なストレッチですが
関節まわりの筋肉を柔軟にすることで可能範囲を
広げるようにしましょう。

体がかたいということはそれだけ柔軟な対応ができないと
いうことです。

ボールはイレジュラー、変化をします。
体が自然に反応するような、球際をとれる選手になりましょう。
見せ所は体の柔軟性が必要じゃないっすかね。

野球・怪我|ストレッチ 効果の出るやり方があります関連ページ

野球肘の病状 痛み 予防と治療について
野球肘をやりました。病状はとても痛く、腕があげられないくらいでボールを投げることができません。ですがその後回復、今ではまったく問題がなし。肘の痛みは他人にはわかりませんよね〜。
野球・怪我|野球肘がiPS細胞で治療できる時代がくる!
野球肘が外科手術で治療できる時代がくるかもしれません。iPS細胞ろ利用して軟骨を再生させるのだそうです。野球肘でボールを思うように投げられない方に朗報ですね。
野球・怪我|草野球で使える簡単ふくらはぎストレッチ
ふくらはぎのストレッチで肉離れの怪我をふせごう。ちょっとしたふくらはぎストレッチで怪我にならないようにすることができます。年を重ねるとふくらはぎの肉離れがしやすいんですよ。
野球・怪我|冬の間に肩を維持する方法があります。
折角出来上がった肩を春まで維持したいとおもったことはないだろうか。そんな方は是非みてほしい。春から肩をつくり始めて絶好調になるのは夏?秋・なんてもったいない!