野球・怪我|冬の間に肩を維持する方法があります。

肩を春まで維持しよう!秋に出来上がった肩を〜

自分はいつも秋になると肩が絶好調になります。
それを春先からできないものかとつくづく考えていましたが
12月〜2月は外でキャッチボールをする気にもならず、相手もおらず、
壁はないことはないですが、やっぱりやる気になれず、
いっそグアムでもいってキャンプして〜
なんてそれも夢のまた夢・・・。

 

ところが昨年から今年にかけて肩をある程度(完璧ではない)
維持することができました。
3月から野球をはじめから肩をつくりはじめ、遠投で体全体を
つかって投げ込みますが例年以上にボールがいきました。

 

冬の間になにをしたかというと写真の道具を使ったんです。
手袋のようなもので手首をしばることができます。
ボールを握ったまま、手をいれてしばります。

 

そして投げる!

 

室内でもボールを投げられるじゃないですか!
これなら相手がいなくても、寒い外にでなくてもボールを投げることができるカゼ

 

ヴィジュアル的にはどうかと思し、家族にどう思われるかは想像できるが。
春先に絶好調になるためにはやむおえまいべーっだ!

 

残念ながら商品名を忘れてしまい、検索を手助けするキーワードがわかりません。
たしか、スポーツオーソリティなどの大手スポーツショップでみつけたものです。
是非探してみてください。

 

そして春先から伸びのある球を投げよう!

 

 


野球・怪我|冬の間に肩を維持する方法があります。関連ページ

野球肘の病状 痛み 予防と治療について
野球肘をやりました。病状はとても痛く、腕があげられないくらいでボールを投げることができません。ですがその後回復、今ではまったく問題がなし。肘の痛みは他人にはわかりませんよね〜。
野球・怪我|野球肘がiPS細胞で治療できる時代がくる!
野球肘が外科手術で治療できる時代がくるかもしれません。iPS細胞ろ利用して軟骨を再生させるのだそうです。野球肘でボールを思うように投げられない方に朗報ですね。
野球・怪我|草野球で使える簡単ふくらはぎストレッチ
ふくらはぎのストレッチで肉離れの怪我をふせごう。ちょっとしたふくらはぎストレッチで怪我にならないようにすることができます。年を重ねるとふくらはぎの肉離れがしやすいんですよ。
野球・怪我|ストレッチ 効果の出るやり方があります
野球の前、後ろでストレッチをやりましょう。ストレッチは怪我の防止、身体能力の発揮の効果あり。ストレッチの効果的なやり方で紹介します。