野球 バント|バントの成功率をあげるにはコツ

ボールをとらえるのは基本ヘソの前

バッターはストレートに振りおくれるのはいやなものだ。
だからどうしても前で前でボールをとらえたいと考える。

そうなるとピッチャーの思うつぼで、変化球でおよがされる。
これがスランプにつながりやすい。

ボールをとらえるのは基本ヘソの前と考える。
バッターボックスに入る前に確認することはストレートをヘソの前でとらえることだけ。

なぜヘソの前か?
へその前まで引き付けるようにできれば
@ボールをながくみれているのでボールをバットの芯でとらえやすくなる。
Aひきつけることで変化球への見極めができる。
Bヘノの前でとらえるということは腕が伸びきっておらず、飛距離がでる。

どれも大切だが、今回はBに注目したい。
ボールに強いインパクトを与えるためには、ボールをとらえた瞬間からの
押し込みが大切だ。

ビヨンドなどをつかっていると実感するが、ボールをとらえて
グッっとバットでボールを押す。

腕がのびきっていると力がだせないが、腕が脇を閉めてたたんだ状態であれば
そこから遠心力を使いながら、ボールをつかまえたまま押し込むことで生きた打球が
飛ぶ。

是非やってみてください。

野球 バント|バントの成功率をあげるにはコツ関連ページ

野球 バント|軟式野球でバントの成功率を上げるコツとは?
軟式野球でバントはたしかに難しいが、やり方とコツがある。軟式野球でも送りバントやスクイズをきっちり決める人もいる。そのコツを紹介しよう!バントには成功率をあげるやり方があるのだ。