野球 | ランダウンプレーの基本と練習方法 守備編

野球 | ランダウンプレーの基本と練習方法 守備編

ランダウンプレーの基本と練習方法について紹介する。
守備側のランダウンプレーの目標は時間をかけずにアウトにする・・ということだ。

時間をかけると他のランナーが進塁してしまう。
それを防ぐためにはとにかく時間を最短でアウトの宣告をもらうこと。

ランダウンプレーになったときに追う方向の基本はホームベースと逆方向のベースへ追い込む。
これにより最悪悪送球になった場合に、進塁をふせぐことができるかもしれない。

また、他のランナーもランダウンプレーでランナーがもどされそうになると
その塁へ進みにくくなる、つまり牽制だ。

それと一番大事なことは次、
ボールを受け取ったら、ボールなど見せず、全力でランナーに迫る!

守備側が本気でおわないから、ランナーは本気で逃げない。
本気で逃げないということは切り返す準備ができているということ。
これでは何度も送球しているうちに、送球のミスがでる可能性がでてくる。

本気で追うことで、切り返しの準備をさせず、1回の送球でアウトにする練習をしよう。


野球 | ランダウンプレーの基本と練習方法 守備編関連ページ

野球 | 走塁  内野ゴロを審判にセーフにみせる方法
草野球 内野ゴロを審判にセーフと判定させる方法を紹介します。これは死角を利用した方法で審判が一人の場合有効です。こんな走塁がチャンスをつくります。
野球 | 走塁  盗塁でセーフになりたいなら、ピッチャーが投げる前にスタートだ
草野球 盗塁でセーフになりたいなら、ピッチャーが投げる前にスタートだ。どうすればこれができるのか、詳しく説明。盗塁にはコツがあり、成功率を高める画期的な方法がある。
野球|ランダウンプレーで時間かせぐとっておきの方法とは?
ランダウンプレーでは他のランナーを次の塁まですすめるために時間をかせぐ必要がある。ランダウンプレーは3フィートルールと審判が一人しかいないとう前提をりようする。さて詳しくは・・・・。
野球 | ランダウンプレーの基本と練習方法 攻撃編
草野球でランダウンプレーはよくある。このランダウンプレーの基本と練習方法を守備側の立場から紹介する。ランダウンプレーの基本は時間をかけずにアウトにすること、そして基本パターンを繰り返し練習すること。