野球 | 走塁  内野ゴロを審判にセーフにみせる方法

内野ゴロを審判にセーフにみせる方法

これは草野球で審判が一人の場合につかえるとっておきの方法です。
つまり主審一人の場合です。

 

やり方は簡単です。
一塁ベースに足から滑り込みます、高校生のように足からではダメです。
あれは自己満足のアピールにすぎません。
ヘッドスライディングをしたら、アウトと認めたと同じ。
主審はアウトと叫び、ヘッドスライディングを有終の美でかざる役割を演じさせる逆効果です。

 

足から滑り込みます。
一塁ベースまで届かない
1メートル手前で止まるくらいで、早々にスライディングし、体を静止します。
一塁ベースまで届いていないわけですから、それだけ早く体を静止させます。

 

そうすると、あら不思議、セーフになることがあります。
なぜなら主審一人の場合、ホームベース側から打者走者と一塁手、一塁ベースは重なって
死角になります。

 

つまり打者走者と一塁手、一塁ベースの距離感は主審にはわかりにくいのです。
したがって、アウトかセーフの判定は‘タイミング’での判定にならざるえません。

 

それを逆利用して、打者走者は早く一塁にたどり着いたことをアピールするために
静止するのです。

 

ベースよりも手前でスライディングしていますので、ボールが届くより早くみえます。
審判は打者走者が一塁にたどり着いたと<錯覚>し、セーフと叫ぶことになります。

 

その後、なにげな〜くたちあがり一塁ベースに・・・。

 

一塁手はきっと抗議することでしょう。
でもアウトセーフはそうくつがえりません。

 

打者走者が立ち上がるころには、主審は試合の進行のために次の動作にはいり、
なにがな〜く走者がたちあがって移動しているのは気が付きません。

 

もちろん、明らかなアウトはだめですよ。
それなりにきわどいタイミングであることが前提です。

 

皆さんは一塁をかけぬけて、自分がセーフなのにアウトと宣告されたことはありませんか?
あれは、主審が走者の一塁へ到達した瞬間がわかりずらいから、無難にアウトをいってしまうんです。
ですからベースを普通に駆け抜けるのではなく、ベースをしっかり踏む動作などでアピールしなくちゃ
いけませんね。

 

この錯覚、死角を利用した方法は使えますよ〜。

 

以上

 

 


野球 バッティング タイミングの取り方 

 

ピッチャーの投球動作に、自分のバッティング動作を連動(シンクロ)させよう!
このシンクロこそがどんなタイプのピッチャーにも対応するコツです。

 

ピッチャーの投球動作にシンクロさせて、スイングする動作をするには
ピッチャーの体が沈んで、腕が後ろにまわった瞬間に、バットをトップの位置にスタンバイし
振り下ろすだけの状態にします。

 

なぜなら、ピッチャーはこの瞬間から動作に変化をつけずらいからです。
足を上げた時点では、ゆっくりあげたり、ゆっくりおろしたりできますが
このタイミングからは球種での緩急はあるものの、投球動作での変化は
できにくいのです。

 

さて練習ですが、バッティング練習で上記のことをやってみましょう。
ピッチャーには同じフォームで同じスピードのストレートを投げてもらいます。

 

このシンクロ練習のポイントは体から力を抜くことです。
体に力がはいていると柔軟な動きはできません。

 

そうそうある西武の四番打者がこういってました。
‘バットは傘をもつ感覚です’
説明はいりませんよね。

 

ピッチャーの投球動作にシンクロさせながら、トップを意識してください。
ピッチャーが腕を後ろにふり、体が沈む瞬間にトップへ!
さあ、こい!といわんばかりの体制をつくり、あとは振るだけ。
力を入れるのは振る瞬間だけでよ。

 

これでバットとボールのタイミングをあわせる練習を繰り返してください。

 

さて改めてこのタイミングについて語ります。、
バッティングで一番大切なタイミングの取り方だと思います。
野球のバッティングで一番だ大事なことはずばりタイミングです。
ピッチャーはボールに緩急をつけ、ときにはフォームを変則にしてバッターのタイミングをはずしにかかります。

 

投球パターンを読むということもありますが
あまり山をかけても確率がどうなのかと思います。

 

それよりも基本はストレートのタイミングでまちながら、変化球へも対応するというのが
確率の高い方法です。

 

ピッチャーもストライクをとって追い込みたいわけですから
コントロールしやすいストレートがおおくなりがちです。

 

それだけ変化球でストライクをとりにくるのは難しいということです。
バッターもきわどい変化球においこまれてもいないのに手をだしませんよね。
カウントが追い込まれていれば別ですが。

 

よって繰り返しますが野球のバッティングはストレートをいかに確率よくヒットするか
ということになります。

 

ストレートのタイミングをはかるためにベンチでしっかり観察しておきましょう。
足をあげてから、‘1’‘2’‘3’など規則性があるものです。

 

それを頭に入れてイメージ素振りをしてください。
あとは実践あるのみ。

 

 

実際にバッターボックスでバットを振ってみると
ボールが伸びてきてすこしタイミングを早くしなくちゃいけないこともあります。

 

それと意外にやっかいなのは
ボールがおじぎしているしている場合です。
まぁピッチャーは全力で投げているんですが、意識しているのかそうでないのか
思いのほかボールがこない・・・。

 

草野球ではありがちです。
下手に低めに手をだすと、内野ゴロに打ち取られて
がっくりです。

 

そのため、バッターボックスにはいったら、タイミングを修正してください。
修正するためにはバットを振らないとわかりません。
ですからどんどん振っていきましょう。

 

なにもその打席で打つ必要はありません。
あと2、3打席にあるチャンスで1本ぶちかませばいいわけです。


野球 | 走塁  内野ゴロを審判にセーフにみせる方法関連ページ

野球 | 走塁  盗塁でセーフになりたいなら、ピッチャーが投げる前にスタートだ
草野球 盗塁でセーフになりたいなら、ピッチャーが投げる前にスタートだ。どうすればこれができるのか、詳しく説明。盗塁にはコツがあり、成功率を高める画期的な方法がある。
野球|ランダウンプレーで時間かせぐとっておきの方法とは?
ランダウンプレーでは他のランナーを次の塁まですすめるために時間をかせぐ必要がある。ランダウンプレーは3フィートルールと審判が一人しかいないとう前提をりようする。さて詳しくは・・・・。
野球 | 走塁  盗塁でセーフになりたいなら、ピッチャーが投げる前にスタートだ
草野球でランダウンプレーはよくある。このランダウンプレーの基本と練習方法を守備側の立場から紹介する。ランダウンプレーの基本は時間をかけずにアウトにすること、そして基本パターンを繰り返し練習すること。
野球 | ランダウンプレーの基本と練習方法 攻撃編
草野球でランダウンプレーはよくある。このランダウンプレーの基本と練習方法を守備側の立場から紹介する。ランダウンプレーの基本は時間をかけずにアウトにすること、そして基本パターンを繰り返し練習すること。