野球 とっておきの走塁

野球 とっておきの走塁記事一覧

野球 | 走塁  内野ゴロを審判にセーフにみせる方法

これは草野球で審判が一人の場合につかえるとっておきの方法です。つまり主審一人の場合です。やり方は簡単です。一塁ベースに足から滑り込みます、高校生のように足からではダメです。あれは自己満足のアピールにすぎません。ヘッドスライディングをしたら、アウトと認めたと同じ。主審はアウトと叫び、ヘッドスライディン...

≫続きを読む

野球 | 走塁  盗塁でセーフになりたいなら、ピッチャーが投げる前にスタートだ

盗塁をするとき、セーフになる可能性を高めるのはスタートという。だが、それは常識の範囲内の優等生発言だ・・と自分は思う。なぜなら、そんなことは小学生でもわかっている。そんな当たり前すぎることを言われても、あくびがでる。では、草野球における盗塁とはどんなスタートをいうのか。ずばり、ピッチャーが投げる前に...

≫続きを読む

野球|ランダウンプレーで時間かせぐとっておきの方法とは?

ランダウンプレーでおとなしくアウトになっていないだろうか。もったいない。ランナーを一つでもすすめれば次のチャンスへつながる。長打は続かない、ヒット1本でホームへ帰ってこれるところまですすめるのが1点をとる可能性を高める方法だ。さてランダウンプレーは草野球でもよくあるケースだ。みていると早々にあきらめ...

≫続きを読む

野球 | ランダウンプレーの基本と練習方法 守備編

ランダウンプレーの基本と練習方法について紹介する。守備側のランダウンプレーの目標は時間をかけずにアウトにする・・ということだ。時間をかけると他のランナーが進塁してしまう。それを防ぐためにはとにかく時間を最短でアウトの宣告をもらうこと。ランダウンプレーになったときに追う方向の基本はホームベースと逆方向...

≫続きを読む

野球 | ランダウンプレーの基本と練習方法 攻撃編

ランダウンプレーの走者は2つの目的で時間をかせぐ必要がある。他の走者のために時間をかせぐ。守備側のミスを誘い、セーフになる。時間をかせぐことが目的だ。自分がアウトになるが、他のランナーが進塁するまでの時間をかせぐのが基本。そのための練習だが、切り返す練習をするといい。全力で走りながら、切り返して逆方...

≫続きを読む