野球 外野フライ 取り方 〜外野フライをとるのが苦手のあなたへ〜

外野フライの基本的な取り方

外野フライを取る基本的な動作は以下のとうり。

 

@バッターの構え・スイング、味方投手の傾向から、守備位置を予測する。
A打った瞬間に、ボールの勢い、落下地点を見極める。
B確実に取れる体制、また次の動作を頭にいれてボールを取る。
C内野に返球する。

 

@バッターの構え・スイング、味方投手の傾向から、守備位置を予測する。

 

バッターの構えから長距離砲なのか、内野の間をねらってくるのかある程度想像はつく。
たとえばバットを立てるタイプは長打狙いが多い、逆にバットをねかせるタイプは出塁をねらうチャンスメーカーだ。
よってバットをねかせるタイプはそれほど深く守らなくてもいいだろうと考える。
むしろ内野と外野の間にポテンヒットを打たれるのはもったいない。

 

またスイングを1回みれば、右打者であればレフト方向へひっぱりなのか、ライト線へ流しなのかはある程度わかる。
バットが外側からでるようであれば、内角のボールには詰まると考えられるし、内側からバットが最短距離でボールを
ミートするタイプであればレストにもライトにも打てる広角打法かもしれない。

 

それと味方投手の調子も見極める必要がある。
いつもどうりのピッチングができているようであれば、おおよそ打たれる場所は傾向がでてくるものだ。
調子が悪い時が頭の使いどころだ。
コントロールがわるい、球がいってないとなると・・・たとえばボールが高めに浮いてしまい痛打される可能性がたかまる。

 

A打った瞬間に、ボールの勢い、落下地点を見極める。

 

よくいわれるように最初の1っ歩が大事だ。
最初の1っ歩のスタートをきるためには、準備をしておく必要がある。
かかとをすこし上げ、膝を柔軟にし、グローブは上半身に近いほうが動きだしやすい。
また身体はリラックスさせ、少し動いているほうが反応しやすい。
体制はやや斜に構える。

 

打った瞬間からボールの落下地点へ最短距離で行く。
これは練習で馴らすしかない、まっすぐ落下点へむかっているか、蛇行していないかチェックしてもらうといい。

 

また、体が上下運動をすると目線も上下し、ボールがぶれる。
ボールがぶれてしまっては確実な捕球がままならない。
したがってすり足をイメージした走行が必要だ。
もしくは全力で走ってもぶれないだけの膝を柔軟につかった走行を練習しよう。

 

B確実に取れる体制、また次の動作を頭にいれてボールを取る。

 

目線にちかい胸元でキャッチするのが理想。
まぁぎりぎりの球際ではもちろんそんなことはいっていられない。
大きめの外野グローブの網ででもなんとかとらねばならない。
外野フェンスに注意しよう。
ボールをとった瞬間にフェンスに体があたり、グローブからボールがこぼれることがある。

 

C内野に返球する。

 

草野球で乱れがちなのがここだ。
返球が中継者に悪送球、ショートバンウドでエラー、走者はらくらくホームイン。
これほどしらけるシーンはない。
基本中の基本、キャッチーボールができないということだ。
返送は確実かつ、迅速なものでなくてはタッチアッププレイのランナーをホームでさすことはできない。
イチローのようなレーザービームは理想的だが、とってからの動作を小さくすることでホームへのボール到達時間を短縮するのがいい。

 

ゴールデングラブ賞をとっている巨人の高橋良伸選手は決してプロの中で肩がつよいほうではない。
だが、とってからのホームがとてもはやい!これはとったあとのことを想定して捕球しているからだ。
それと中継の内野手がホームに投げやすいところにみごとに投げているのも見逃せない。
あんな返送をもらったら、さぞかしうれしい!(俺でもとれる!っまいっか)

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 


野球@ 外野フライ 取り方 〜外野フライをとるのが苦手のあなたへ〜関連ページ

野球 外野フライ 落下点にはやくつくにはどうしたらいいか?
〜外野フライをとるのが苦手のあなたへ〜草野球でもすぐに使える外野フライの取り方、ボールの落下点へ最速で到達するテクを公開します。明日の試合で使えますよ!外野フライの捕り方
ビヨンドマックスの打球に注意!〜一流の外野守備を目指すあなたへ〜
〜一流の外野守備を目指すあなたへ〜ビヨンドマックスの打球の追い方。ビヨンドマックスの打球は判断を誤ると外野は頭をこされます。