明日から使える 外野守備 テクニック

明日から使えるノウハウ集約されたプログラムを紹介!

明日から使える 外野守備 テクニック記事一覧

野球@ 外野フライ 取り方 〜外野フライをとるのが苦手のあなたへ〜

外野フライを取る基本的な動作は以下のとうり。@バッターの構え・スイング、味方投手の傾向から、守備位置を予測する。A打った瞬間に、ボールの勢い、落下地点を見極める。B確実に取れる体制、また次の動作を頭にいれてボールを取る。C内野に返球する。@バッターの構え・スイング、味方投手の傾向から、守備位置を予測...

≫続きを読む

野球A 外野フライ 落下点にはやくつくにはどうしたらいいか?

よくいわれるように最初の1っ歩が大事だ。最初の1っ歩のスタートをきるためには、準備をしておく必要がある。かかとをすこし上げ、膝を柔軟にし、グローブは上半身に近いほうが動きだしやすい。また身体はリラックスさせ、少し動いているほうが反応しやすい。体制はやや斜に構える。打った瞬間からボールの落下地点へ最短...

≫続きを読む

野球B ビヨンドマックスの打球に注意!〜一流の外野守備を目指すあなたへ〜

ビヨンドで打ったとき、‘ボス’という鈍い音がします。これがどれくらいのボールのとらえくらいか判断がしずらいんです。いいあたりをした場合、普通の金属バットであればそれ相当のいい音がしますがビヨンドマックスの場合はとらえてもとらえていなくても音はさほど違いがありません。そのため、ボールの着地点が想定しず...

≫続きを読む

M球対策 外野の守備位置は割り切って壁際まで下がる

M球での外野守備について。M球は飛ぶが空気抵抗を受けやすい。まず飛ぶということから考えると定位置より深く守る、両翼90mくらのグランドであれば、壁際を守る守備位置が妥当だ。まず、大飛球を抑えながら、左右打球はまわりこんでボールが落ちてくるのを待つというというイメージ。これまでのA球に比べると滞空時間...

≫続きを読む

明日から使えるノウハウ集約されたプログラムを紹介!