野球 ゴロ 捕球 確実にアウトにするゴロの捕り方

内野ゴロの捕り方は‘もう1歩前でとる!’

肩が強いということはすごい武器です。
例えば3塁ベース際から1塁まで直線距離をきれいなライナーで
毎回安定した送球ができればさぞかし自信をもって守備ができるでしょう。

 

 

ですが、ですがボールをまつのではなく、ボールを前でとる癖をつけるようにしましょう。
ボールに向かいながらタイミングをあわせて、ボールをキャッチするまでの時間を
短くして送球することでアウトにする可能性を高くしましょう。

 

 

特に内野手にくるゴロはいつも強いあたりだけではありません。
バットの先にあたって打ちそこないの回転をしたボールがくることもあります。
また、セフティバントなどの対処も必要です。

 

 

そのためにも常にボールをとりにいくという姿勢が大切です。
つまり体に癖をつけておくということです

 


速いボールっより、とってから投げる動作をコンパクトに!

ぎりぎりのタイミングでも体勢をもどしてから投げましょう。
無理な姿勢からの送球は想定外の方向にボールがそれることがあります。
体勢をもどし、そこから最短の動作で送球することです。

 

 

さらに注意したいのはすばらしい直球をなげる必要はないということです。
もちろん、放物線をえがいてもこまりますが、それなりの送球の強さでいいということ。

 

 

強いボールをなげようとすると動作がおおきくなります。
これは自然な流れです。
内野の守備との距離間から考えると球がやや緩くてもボールをはやく投げたほうが
到達がはやいということです。

 

 

練習で繰り返し動作を身につければ無駄のない動きで安定したボ−ルを
投げられるようになります。

 

 


野球 ゴロ 捕球 確実にアウトにするゴロの捕り方関連ページ

軟式野球でゴロをとるには網でトルのがコツだ!
軟式野球でサード、ショートに強烈なゴロがくるとはじいてしまいがちだ。軟式野球はとってもやっかい。 そこでゴロを確実にとる方法を考えてみました。
ライン際のサードゴロをとって投げるコツとおちいりやすいエラーとは?
ライン際のサードゴロをとって投げるコツとおちいりやすいエラーとは?ショート側のゴロはとりやすいし、そのまま投げるのも流れのままだ。ところがライン際のゴロはみせどころになる、コツを紹介する。
野球|守備にも打撃と同じだけの価値あり
野球は守備が大切!強いチームとの対戦は点がとれない最少失点で一点をとりにいこう。守備を大切に一つ一つのアウトを確実にとっていこう。守備への認識と面白さを再認識しよう。
野球|ボールを体から離さない、そうすれば素早い送球ができる
野球は守備が大切!ボールを体の近い位置で離さない。グローブを右肩方向へ動かさず、正面でコントロールし、捕球位置から最短距離でテークバックに入る。ボールを体からはなさないことをイメージすると腕の振りに無駄がなくなり、素早い送球が可能になる。
野球|キャッチャーパスボールを防ぐ構え方
元ロッテの里崎選手はエラー率が歴代キャッチャーでもすくないそうです。その里崎選手が構え方にコツがあると紹介していました。そのコツはキャッチャーミットの構え方・使い方にあります。
野球|キャッチャーパスボールを防ぐ構え方
野球|軟球がはじかないようにするグローブの仕込み方
軟球ってどうしてもはじきますよね。グローブの基本的な準備の仕方から、非常識な?グローブのポケットのつくりかたを紹介します。ポケットのつくり方にコツがあります。
野球|サードからファーストへの送球を確実にするコツ
サードからの送球を確実にするコツがあります。安定したコントロールをするにはボールをとり方から準備が必要です。送球でみすっているとイップスになることもあります。送球のコツをマスターしましょう。