野球|サードからファーストへの送球を確実にするコツ

サードからファーストへの送球を確実にするコツ


サードゴロを確実にアウトにできないと草野球は成り立たず
ピッチャーはどこでアウトをとっていいか・・・。

ピッチャーが三振をとるのは、大変です。
よっぽどの豪速球、ホークなどをもっているか。
そんなことはなかなかありません。

サードはサードで暴投ばかりしていると
イップスになてしまいます。
イップスとは精神的なところから、ボールがまともに投げられなくなることです。

さて、サードゴロを確実にアウトにするスローイングには
2つのコツがあります。

@送球動作にスムーズに移るゴロの捕球
A送球する方向に肘(ひじ)を向ける。

この2段階をすることで確実な送球をすることができます。

ます@ですが、
ゴロを捕球後、素早く送球動作に移るためには、それなりの捕球位置があるんです。
サードゴロは捕球後、左斜め前方向に体を移動させながら送球する動作に
つながります。

その体制に移るためには、左足のつま先の内側あたりでゴロを捕球することです。
うまい人になるとわざわざ回り込んで、一度右にいってから左に曲がり
左足の内側でとります。

このときに、次の動作をあせってボールをこぼすことがありますので
しっかり捕球したのを一瞬確認しましょう、一瞬ですがそのステップを踏むことが大切。
そう意識しないと目がはなれちゃうんですね〜。
何回も痛い目にあっています(+_+)/笑えね〜

そんでもってAです。
左肩を一塁にまっすぐ向けるんです。
この形をつくることが毎回安定した送球をすることにつながります。

一回のファインプレーより、簡単なゴロを確実に送球することが
ピッチャーの信頼を勝ち取り、ひいてはチームの勝利につながります。

相手チームもサードをみれば、そのチームのレベルがわかります。
それくらいサードは大事です。
どのチームもサードにはうまい人を置くものです。

さて、やってみましょう。











野球|サードからファーストへの送球を確実にするコツ関連ページ

野球 ゴロ 捕球 確実にアウトにするゴロの捕り方
〜ゴロの捕球が苦手なあなたへ〜とっておきのゴロの捕り方を紹介します介。草野球でもすぐに使える守備のテクです。明日の試合から使えますよ!
軟式野球でゴロをとるには網でトルのがコツだ!
軟式野球でサード、ショートに強烈なゴロがくるとはじいてしまいがちだ。軟式野球はとってもやっかい。 そこでゴロを確実にとる方法を考えてみました。
ライン際のサードゴロをとって投げるコツとおちいりやすいエラーとは?
ライン際のサードゴロをとって投げるコツとおちいりやすいエラーとは?ショート側のゴロはとりやすいし、そのまま投げるのも流れのままだ。ところがライン際のゴロはみせどころになる、コツを紹介する。
野球|守備にも打撃と同じだけの価値あり
野球は守備が大切!強いチームとの対戦は点がとれない最少失点で一点をとりにいこう。守備を大切に一つ一つのアウトを確実にとっていこう。守備への認識と面白さを再認識しよう。
野球|ボールを体から離さない、そうすれば素早い送球ができる
野球は守備が大切!ボールを体の近い位置で離さない。グローブを右肩方向へ動かさず、正面でコントロールし、捕球位置から最短距離でテークバックに入る。ボールを体からはなさないことをイメージすると腕の振りに無駄がなくなり、素早い送球が可能になる。
野球|キャッチャーパスボールを防ぐ構え方
元ロッテの里崎選手はエラー率が歴代キャッチャーでもすくないそうです。その里崎選手が構え方にコツがあると紹介していました。そのコツはキャッチャーミットの構え方・使い方にあります。
野球|キャッチャーパスボールを防ぐ構え方
野球|軟球がはじかないようにするグローブの仕込み方
軟球ってどうしてもはじきますよね。グローブの基本的な準備の仕方から、非常識な?グローブのポケットのつくりかたを紹介します。ポケットのつくり方にコツがあります。