軟式野球でゴロをとるには網でトルのがコツだ!

内野ゴロの捕り方は‘もう1歩前でとる!’

手のひらでとろうとすると、軟式野球ははじく・・・。
何度エラーしたことか・・・。

 

ポケットを広くつくり、はじくボールをなんとかグローブに収めるが
網でうけるとはじかない。

 

これは軟式野球のゴロ捕球のまさにコツだ。
公式の場合はボールの硬さ、重さ、反発力からグローブの手のひらでとっても
はじくことはない。

 

ほんとやってみて。
が、すぐできない。
グローブの型つくりから始めないと。

 

さて話を戻すが
サードやショートは一度こぼすとまずファーストやホームでアウトにできない。
一度でグローブにおさめないと次の動作に移行できない。

 

グローブの網でとることでの不安は
ボールを取り出しにくいのではないかということだ。

 

たしかに浅めにつくったグローブより取り出しにくい。
が、とってから送球に至る動作中にグローブからボールを取り出す時間は十分ある。

 

ボールをはやく取り出さないとファーストに投げられない、
だから、浅めのグローブで手のひらでがっちりつかまえたいと思うのは自然なところだ。

 

グローブからボールを取り出すときにボールを落とす確率と
グローブの手のひらでボールをはじく可能性を冷静に考えてみると
自分の経験からは、圧倒的にグローブの手のひらでボールをはじくことのほうが多い。

 

とくにサードをやっていると強烈なサードゴロもしくはライナーがくる。
それをはじかずグローブにおさめるかが問題だ。

 

レベルが高くなるほどこの対策は考えなくてはならない。

 

軟式野球でゴロをとるには網でトルのがコツだ!


速いボールっより、とってから投げる動作をコンパクトに!

ぎりぎりのタイミングでも体勢をもどしてから投げましょう。
無理な姿勢からの送球は想定外の方向にボールがそれることがあります。
体勢をもどし、そこから最短の動作で送球することです。

 

 

さらに注意したいのはすばらしい直球をなげる必要はないということです。
もちろん、放物線をえがいてもこまりますが、それなりの送球の強さでいいということ。

 

 

強いボールをなげようとすると動作がおおきくなります。
これは自然な流れです。
内野の守備との距離間から考えると球がやや緩くてもボールをはやく投げたほうが
到達がはやいということです。

 

 

練習で繰り返し動作を身につければ無駄のない動きで安定したボ−ルを
投げられるようになります。

 

 


軟式野球でゴロをとるには網でトルのがコツだ!関連ページ

野球 ゴロ 捕球 確実にアウトにするゴロの捕り方
〜ゴロの捕球が苦手なあなたへ〜とっておきのゴロの捕り方を紹介します介。草野球でもすぐに使える守備のテクです。明日の試合から使えますよ!
ライン際のサードゴロをとって投げるコツとおちいりやすいエラーとは?
ライン際のサードゴロをとって投げるコツとおちいりやすいエラーとは?ショート側のゴロはとりやすいし、そのまま投げるのも流れのままだ。ところがライン際のゴロはみせどころになる、コツを紹介する。
野球|守備にも打撃と同じだけの価値あり
野球は守備が大切!強いチームとの対戦は点がとれない最少失点で一点をとりにいこう。守備を大切に一つ一つのアウトを確実にとっていこう。守備への認識と面白さを再認識しよう。
野球|ボールを体から離さない、そうすれば素早い送球ができる
野球は守備が大切!ボールを体の近い位置で離さない。グローブを右肩方向へ動かさず、正面でコントロールし、捕球位置から最短距離でテークバックに入る。ボールを体からはなさないことをイメージすると腕の振りに無駄がなくなり、素早い送球が可能になる。
野球|キャッチャーパスボールを防ぐ構え方
元ロッテの里崎選手はエラー率が歴代キャッチャーでもすくないそうです。その里崎選手が構え方にコツがあると紹介していました。そのコツはキャッチャーミットの構え方・使い方にあります。
野球|キャッチャーパスボールを防ぐ構え方
野球|軟球がはじかないようにするグローブの仕込み方
軟球ってどうしてもはじきますよね。グローブの基本的な準備の仕方から、非常識な?グローブのポケットのつくりかたを紹介します。ポケットのつくり方にコツがあります。
野球|サードからファーストへの送球を確実にするコツ
サードからの送球を確実にするコツがあります。安定したコントロールをするにはボールをとり方から準備が必要です。送球でみすっているとイップスになることもあります。送球のコツをマスターしましょう。