野球 バッティング|バットの先っちょにどうしてもあたってしまう・・の修正の方法

そうしてもバットの先っちょにあててしまうバッティングのなおし方

自分では真芯でとらえたつもりなのに
あれま、バットの先っちょでピッチャーゴロなんてことが
連発したら要注意です。

先っちょにあたる主な原因は体がひらいていることです。
わかっていても感覚がずれてしまっているので
ますその認識を修正することからやると効果的です。

まずはバッターボックスにはいって外角をイメージしてスローでスイングしてください。
外角をしっかりとらえるためにはホームベースに思いのほか
ちかくないと打てないことがわかります。

その際、インパクトのポジションが右バッターであれば右手がのびきっていない状況で
あることを確認してください。
のびきっていてはインパクトのときにボールを押し込めず飛距離がだせません。
ボールにまけてフライか、右方向への力のない打球になります。
これでは意味なし。

そうなるとますますホームベースにちかくないとボールをとらえることは
できないことがわかります。
体がひらいていたら、バットの先っちょどころか、よくバットにあたったもんだと
いうことになりますよ、冷静に。

次にステップして踏み出した足のつま先がピッチャーにむいていないか
確認してください。足がピッチャーにむいていたら体は自動的にひらいてしまいます。
踏み出した足先はベース方向にむけたままでなくてはなりません。

もちろんですが、踏み出した足がそもそもひらいてないですよね?
ひらいていたら内角のボールがちょうどど真ん中になっちゃって
外角なんてバットが届きませんよ。

それと手首を痛めないよう注意してください。
先っちょにあたったときはバットの反対側に振動が
おおきくつたわり、それを手首がぎゅっとおさえるため
負担がかかります。

一か所に負担が一瞬とはいえ、かかり続けると
思わぬ手首の怪我となります。

自分はビヨンドマックスを使用しバットの柔らかい部分に
ボールをあてようと意識しすぎ、柔らかい部分よりも
さきっちょの金属部分にあててしまうことがふえて
手首を痛めてしまいました。

手首を痛めるとなおりに時間がかかる・・・。
それとなおってもバットのインパクトがこわくなります。
打った瞬間にまたあの痛みが・・・と思うとバットが振れなくなっちゃうんです。

バッティングで一番大切なことはボールをひきつけること!

ボールをひきつければひきつけるほど、ストライク、ボールの見極めができるからです。
バッティングで打率をたかめるにはストライクボールに対してスイングをすることです。
そしてそのストライクボールをバットの芯でとらえる確率をたかめることです。

 

当たり前のことなのですが、これがなかなか難しい・・・。
やっている人はわかってもらえると思います。
でももう一度基本を考えてください。
凡打がつづくとヒットがほしいためにどうしてもボール球に手を出しがちです。
そうなるとバッティングフォームまで崩し、悪いスパイラルになり、いわゆるスランプになっちゃいます。

 

ピッチャーはバッターまでの間でボールを変化させ、ストライクからボールになるコースで勝負するのがオーソドックスな攻め方です。
そもそもストライクゾーンとはなにか?
それはバッターがヒットできるエリアということです。
だからピッチャーからすればヒットできないボールゾーンで勝負したい。
ストライクゾーンにいくような軌道でさそっておいて、バッター手前で変化させボール球を打たせてとる・・・。

 

つまりボールを見極めるにはできるだけボールをひきつける。
そのためには以下の前提が必要になります。

 

●バットスイングがはやいこと→振り遅れたらバッティングになりません。
●体の回転でバッティングスイングができること→内角のボールにつまらない。

 

スイングは素振りなどの練習に身につけましょう。
体の回転で打つということは、スイングの過程で体がピッチャー方向にいかないということです。
腰を回転させるとバットがついてきますよ。

 

西武のホームランバッター中村選手はスイングするとき左足はタイミングをとって、地面につくだけだと
いっていました。体重を軸足にのこしたまま、左足をおろし、そのまま回転しているそうです。
だから、ボールをひきつけても内角でつまらずホームランできるんですね!


野球 バッティング|バットの先っちょにどうしてもあたってしまう・・の修正の方法関連ページ

野球 飛距離を出すバッティングフォームとは
野球〜飛距離をだしたいあなたへ〜飛距離を出すバッティングフォームを紹介します。大ファールを打ったことはありませんか?そこからのヒントで飛距離を出すバッティングをフォームがわかりました。
野球 バッティング| 飛距離アップさせるバッティングとは
野球〜飛距離アップさせたいあなたへ〜飛距離をアップさせるバッティングとは。ホームランこそ野球の醍醐味!飛距離アップでオーバーフェンスさせる方法を紹介します。
野球 バッティング| 飛距離アップさせる筋トレとは
野球〜飛距離アップさせたいあなたへ〜飛距離をアップさせるバッティングをするための筋トレとは。どこを筋トレすれば飛距離アップできるのか?
野球 バッティング| ボールが飛ばない方へ
野球〜バッティングでボールが飛ばない方へ、飛ばすコツを紹介します。ボールが飛ばないのには理由があり、飛ばすにはコツがいります。
野球 バッティング| ボールを飛ばすコツ
野球〜バッティング、ボールを飛ばすコツを紹介します。飛ばすにはコツがあります、ちょっとしたコツで飛ぶようになります。ボールに強い力を与えるのは腕力ではなく、押し出す柔軟性にあります。
野球 バッティング| 打率をあげるコツとは?
野球〜バッティングで打率を上げたいあなたへ。バッティングのコツを紹介します。ちょっとしたバッティングのコツで打率をあげることができます。
野球 野球のバッティングとは とっておきのバッテイングを紹介します!
野球〜野球のバッティング バッティングは野球のいちばんおもしろいところ。バッティングがうまくなれば野球が一層たのしくなります。
野球のバッティングはタイミングがすべて タイミングの絶妙な取り方とは?
野球のバッティングとはタイミングがすべて、タイミングの絶妙な取り方を紹介します。ピッチャーの投球にシンクロさせましょう。
野球 バッティング タイミングの取り方を紹介します
野球のバッティングとはタイミングがすべて、タイミングの取り方を紹介します。ピッチャーの投球にシンクロさせるにはどういうコツがあるのか、とっておきのアイデアあり!
少年野球 バッティング タイミングの取り方を紹介します
少年野球のバッティングとはタイミングがすべて、タイミングの取り方を紹介します。ピッチャーの投球にシンクロさせるにはどういうコツがあるのか、とっておきのアイデアあり!
野球 バッティング タイミングの取り方は投手とのシンクロにあり!
野球のバッティングとはタイミングがすべて、タイミングの取り方を紹介します。ピッチャーの投球にシンクロさせるにはどういうコツがあるのか、とっておきのアイデアあり!
野球 バッティング タイミングの取り方を練習する方法とは?
野球のバッティングとはタイミングがすべて、タイミングの取り方の練習を紹介します。ピッチャーの投球にシンクロさせるにはどういうコツがあるのか、とっておきのアイデアあり!
野球 バッティング タイミングがどうしても早いときには
野球のバッティングとはタイミングがすべて、タイミングの取り方の練習を紹介します。タイミングがどうしても早くなる場合の対処方法とは?
草野球 | バッティング 当たらない方へ
草野球 バッティングでボールが上手く当たらない。それはストレスがたまるでしょう。うまく当たらない、芯でとらえられないというのはボールの軌道にバットの軌道を早くあわせることで当たるようになります。
野球 | バッティング 軸足の使い方
野球 バッティングは軸足できまる。軸足の使い方で速球、変化球への対応ができるようになります。とくに軸足に重心があれば変化球をひきつけて打つことはでき、ボールの見極められることでバッティングがよくなります。
野球 | バッティング インサウドアウトを体が覚えるコツがあり
草野球大好きのみなさん インサイドアウトのスイングがわかっていてもなかなか試合でできないで困っていませんか?体がしっかり覚えるコツを紹介します。なぜ、インサイドアウトがバッティングを上達させるコツなのか?バッティングに悩むあなたへくさしく説明します。
野球 | バッティング インパクトで飛距離を出す方法
野球のバッティングはインパクトが大切。インパクトのとらえ方によって飛距離がでます。インパクトの違いによって飛距離をだせますので、中距離から、長距離砲を目指す方は是非参考にしてください。
野球 | バッティング 教え方
野球・バッティングの教え方。だれかうまいプロ野球選手をイメージさせるとうまくいきます。受け入れやすいんです。さて具体的に教え方を紹介します。
野球 | バッティング の理想的な構えとは
野球・バッティングの理想的な構えとは?かたまらずに柔らかく動いていつでも始動できる状況をつくっておくことが重要です。構えはグリップの位置を高めにとるか低めにとるか。
野球 | バッティング は下半身の安定感が大事
野球・バッティングは下半身の安定感が大事です。 硬式ではバットとボールが当たった衝撃で体が揺らいでしまいボールを強い力をあたえきれないことも。 下半身をきたえよう。
野球 | バッティング スライダーの打ち方 コツ
スライダーは勝負球にする投手が多い。このスライダーをどうやって打つか?内角からまがるスライダーと外のボール球になるスライダーの打ち方コツを紹介します。
野球 | バッティング 軟式野球で流し打ちをするコツとは?
流し打ちに苦労してませんか?打率をあげるには外角のボールを右にもっていきたい。ところが軟式ではフライになりやすい。では流し打ちをするコツとは?
野球 理想的なバッティングフォームにする方法
〜凡打をくりかえすあなたへ〜理想的なバッティングフォームにする方法を紹介します。バッティングフォームをつくって打率を上げましょう。バッティングフォーム次第です!
野球 理想的なバッティングフォームにする方法
〜凡打をくりかえすあなたへ〜バッターボックスにはいるとどうしても力がはいって、振りおくれていませんか?肩腕の力を抜く方法を紹介します!
野球・バッティング|打つ方向を決めて打席に立つのはっ有効?
〜凡打をくりかえすあなたへ〜どうやったらヒットの可能性を高められるか。いろいろ方法はあるが、打つ方向をきめるというのはどうか。きた球種、コースでそれぞれ対応していたのでは可能性をあげるのは難しい。これを検証してみる。
野球・バッティング|ビヨンドマックスは軟投派投手にはあわない?
〜凡打をくりかえすあなたへ〜ビヨンドマックスの使い方を経験的にいうと軟投派には向かないと思う。芯の部分の柔らかい部分にかすって芯をはずしやすいようだ。ビヨンドマックスは速球派で使おう。
野球・バッティング|確実にファールを打つバットコントロールのコツは
ファールでねばるバッティングとは。あまいボールを打つには厳しいボールをファウルで逃れたい。ところが軟式野球は思いのほかファールを意識的に打つことが難しい。ファールを確実に打つバットコントロールを紹介します!
野球・バッティング|高めのボールはなぜヒットしやすいのか?理由は2つある
野球・バッティング 高めのボールはとらえやすい。つまりヒットにしやすい。その理由を具体的に説明しましょう。高めのボールを狙うバッティングでヒットを量産しよう。
野球・バッティング|バットコントロールをしやすくするための工夫とは?
野球・バッティング バットコントロールがうまくできればバッティングはよくなり、打率があがる。しかしこの長くて1kgちかくあるバットというものはなかなかコントロールしずらい。そこでコントロールしやすくする方法を紹介します。
野球・バッティング|体幹をつかったバッティングでボールを飛ばす!
野球・バッティング法を紹介します。あれ〜とばね〜なんてことよくありますよね。力めば力むほど全然ダメ。上半身だけのスイングではたいした力にならないのだ。
野球・バッティング|ボールをとらえる場所で飛距離が違う!
野球・バッティング インペクトをどこで、それで飛距離がかわってきます。飛距離を伸ばすバッティングを紹介しましょう。いちばんボールへ強い力を加えられるところはどこでしょうか。
野球・バッティング|腰の使い方 ずばり!ひねらない、ねじろ!
野球・バッティング 腰の使い方で強いエネルギーをつくりだすことができ、飛距離がでます。さてどんな腰の使い方でしょうか?
野球・バッティング|体が突っ込むくせをなおす考え方と練習
野球・バッティング 体が突っ込むくせをなおす考え方と練習方法を紹介しましょう。前に体が突っ込むのはストレートに振りおくれなくないという考え方からです。
野球・バッティング|素振りの画期的な練習方法とフォーム
野球・バッティング 素振りという練習には、効果が出る方法と単なるカロリー消費という2つがあります。どのような素振りの練習方法が効果がでるのか?
野球・バッティング|体の開きをおさえる簡単な方法とは?
野球・バッティング 体の開きをおさえる簡単な方法を紹介します・体が開くとバットのさきっちょであたった内野ゴロがふえます。体の開きをおさえて芯でとらえてやりましょう!
野球・バッティング|ボールに対して最短距離でバットをふるにはどうしたらいいか?
野球・バッティング 最短距離でバットをボールにあわせていくにはどうしたらいいか?紹介します。最短距離であわせるということは、それだけボールを見る時間がふえるということ、これはなんとかしたい!
野球・バッティング|ファーストストライクを積極的になることが打率をあげるコツだ!
野球・バッティング ファーストストライクを積極的になることが打率をあげるコツだ!ヒットにできる球を凡打せず、ヒットにする確率をあげることこそが打率をあげるコツだ!
野球・バッティング|センター返しでヒット量産を狙う理由とは?
野球・バッティング センター返しはヒットになる可能性が高い。あまいボールはセンター返しをしてヒットになる確率をあげよう。なぜ引っぱりではなくセンター返しが有効なのか!?
野球・バッティング|ストレートに振りまけないスイングはバッターボックスに入る前の10秒でOK
野球・バッティング バットのヘッドのスピードをはやくしてストレートにつまらない簡単な方法がありました。どうして今までこれに気が付かなかったんだ!
野球 バッティング|体育学博士 安藤秀氏の『野球に革命を起こすバッティング理論』を読んだ!
ピッチャー側の足がついたくらいのポジションから実際にバットを始動させている。このポジションがスタートポジションで、一流のバッターはこのスタートポジションをしっかりとってボールを見極めている!
野球 バッティング|バットの先っちょにどうしてもあたってしまう・・の修正の方法
自分では真芯でとらえたつもりなのにあれま、バットの先っちょでピッチャーゴロなんてことが連発したら要注意です。ひらきを修正するとっておきの治し方を紹介します。
野球 バッティング|ボールをとらえるのはヘソの前!インパクトはここだ!
ボールをどこでとらえるか、いつも一定の場所でとらえることができればヒットになる確率もあがる。ボールをとらえるのはヘソの前がいい。理由を説明しよう!
野球 バッティング|どこでもできる!動体視力の鍛え方
動体視力の鍛え方を紹介します。どこでも動体視力を鍛えることができる方法です。速球や鋭い変化球に対応するには動体視力のトレーニングが必要です。動体視力は鍛えることができます!
野球 バッティング|荒れ球のピッチャーから1点とるにはどうしたらいいか
適当に荒れていて、狙い球がしぼりずらいピッチャーを攻略するのはどうしたらいいだろうか。そもそも組み立てられた配球ではないので狙い球は絞りずらい、さて1点をとる方法は!
野球 バッティング|脳を活性化することで150kmの球もてる!
野球で大会を勝ち進むと速球派のピッチャーと対戦することになる。速球はピッチャーにとって最大の武器。脳を活性化することで速球がおそくみえ。その結果150kmでもバットにあてられる、そんな方法を紹介します。
野球 バッティング|軟式野球でも流し打ちできるバッティングがあった!
軟式野球では流し打ちはできないとおもってました。バッティングはセンター返し・・ですが、流し打ちができると打率があがります。軟式野球で流し打ちをするためにはあるタイプのバットを使います。ごっそり紹介します。
野球 バッティング|右脳を鍛えれば動体視力は向上する!では右脳を鍛え方
野球・バッティングで使える動体視力の鍛え方。動体視力を鍛えて速球派の投手対策に。日常生活でトレーニングする方法があります。動体視力は脳の右脳活性化にポイントあり。
野球 バッティング|ティーバッティングで打てる方向を確認する
ティーバッティングでどういう方向に打つとボールを芯でとらえやすいか確認するという使い方ができます。ティーバッティングの意味・効果とはちょっと違うかもしれませんが、ティーバッティングをやってみよう。
野球 バッティング|軟式野球でエンドランスクイズが有効な訳とは
軟式野球ではランナー3塁でエンドランスクイズをやるチームがあります。エンドランスクイズはなぜ得点率が高いのでしょうか。スクイズではだめでしょうか。エンドランスクイズの有効性とは。
野球 バッティング|軟式野球でエンドランスクイズが有効な訳とは
野球 バッティング|軟式野球でエンドランスクイズが有効な訳とは
草野球で凡打を量産してませんか。私はしていましたが減らしました。凡打になるときのバットに当たる場所の傾向にその答えがありました。
野球 バッティング|打ちずらい内角をさばく だれでもできる方法とは
〜草野球好きな皆さんへ〜 明日の試合で使える野球・バッティングのテクニックを紹介します。野球といえばバッテッィング。練習でバッティングフォームを安定させ飛距離をだしましょう!
野球 バッティング|軟式野球でエンドランスクイズが有効な訳とは
野球 バッティング|やっぱりカーボンバットが安打製造機か
草野球好きな皆さんへ 合金、カーボン、ボヨンドなどありますが、自分はカーボンが結局はいいのではないかと考えています。草野球ではだれしも悩むところではないでしょうか。さて、カーボンのメリットとは。
野球 バッティング|外角にするどいスライダーを投げてくる投手にどう立ち向かうべきか
草野球好きな皆さんへ 外角にするどいスライダーを投げてくる投手にどう立ち向かうべきか。なんせストレートの軌道なので手に負えない。このスライダーの対策を草野球経験からとっておきのテクを紹介します。