野球 バッテッィング

バッティングフォームは練習で自分のスタイルをつくろう!

バッティングフォームを安定させると、以下2点の効果があります。
●打率がたかくなる。
●好不調のなみが小さくなる(スランプにおちいりにくい)

 

どんな投手にたいしても、どんな角度からボールがストライクゾーンにはいってきても
自分のタイミング・ポイントでボールをとらえる。
こういうバッティングフォームを習得してください。

 

右ピッチャー、左ピッチャー、オーバーハンド、アンダースロー・・・
相手チームは目線をかえてバッティングをくずしにきます。
左バッターで、左投げがでてくるとややバッティングフォームが開きがちです。

 

ですがよく考えてみれば、どんな投げ方をしてもストレイクゾーンは1つ。
ベースをとおるボールをとらえるかどうかという問題です。
ぶれないバッティングでどんなピッチャーがでてきても自分のスタイルを貫き通してください。
相手ピッチャーを気にしすぎると術中にはまりますし、バッティングフォームが崩れて
調子がわるくなりますよ。


バッティングで一番大切なことはボールをひきつけること!

ボールをひきつければひきつけるほど、ストライク、ボールの見極めができるからです。
バッティングで打率をたかめるにはストライクボールに対してスイングをすることです。
そしてそのストライクボールをバットの芯でとらえる確率をたかめることです。

 

当たり前のことなのですが、これがなかなか難しい・・・。
やっている人はわかってもらえると思います。
でももう一度基本を考えてください。
凡打がつづくとヒットがほしいためにどうしてもボール球に手を出しがちです。
そうなるとバッティングフォームまで崩し、悪いスパイラルになり、いわゆるスランプになっちゃいます。

 

ピッチャーはバッターまでの間でボールを変化させ、ストライクからボールになるコースで勝負するのがオーソドックスな攻め方です。
そもそもストライクゾーンとはなにか?
それはバッターがヒットできるエリアということです。
だからピッチャーからすればヒットできないボールゾーンで勝負したい。
ストライクゾーンにいくような軌道でさそっておいて、バッター手前で変化させボール球を打たせてとる・・・。

 

つまりボールを見極めるにはできるだけボールをひきつける。
そのためには以下の前提が必要になります。

 

●バットスイングがはやいこと→振り遅れたらバッティングになりません。
●体の回転でバッティングスイングができること→内角のボールにつまらない。

 

スイングは素振りなどの練習に身につけましょう。
体の回転で打つということは、スイングの過程で体がピッチャー方向にいかないということです。
腰を回転させるとバットがついてきますよ。

 

西武のホームランバッター中村選手はスイングするとき左足はタイミングをとって、地面につくだけだと
いっていました。体重を軸足にのこしたまま、左足をおろし、そのまま回転しているそうです。
だから、ボールをひきつけても内角でつまらずホームランできるんですね!


野球 バッテッィング記事一覧

野球 飛距離を出すバッティングフォームとは

野球をやっていると内角の球をあまりにも見事な飛距離でファールを打ったことはありませんか?いわゆる‘三振前の大ファール’。あればフェアクグランドに飛んでいれば間違いなくスタンドイン!そんな妄想をいだいていた日々の野球ですが、その方法のヒントを発見しました。まずあの大ファールのバッティングはどうしておこ...

≫続きを読む

野球 バッティング| 飛距離アップさせるバッティングとは

野球をやっていると内角の球をあまりにも見事な飛距離でファールを打ったことはありませんか?いわゆる‘三振前の大ファール’。自分でもびっくりするような飛距離・・・野球人生であんなに飛ばしたことない。あればフェアクグランドに飛んでいれば間違いなくスタンドイン!飛距離アップさせることはできないのだろうか。ど...

≫続きを読む

野球 バッティング| 飛距離アップさせる筋トレとは

自分が大切だと思っているのが手首です。手首の柔らかさ、つまり可動範囲の広さとその強さ。ボールをとられ、さらに押し出すのは手首がポイントだからです。その手首の筋トレは特別な器具を使わなくても可能です。日常生活の中で隙間時間を利用してちょっとづつやるトレーニングは、まとめてやるトレーニングより効果がある...

≫続きを読む

野球 バッティング| ボールが飛ばない方へ

バッティイングでボールを飛ばすコツを紹介します。自分の以前飛ばないことを随分考えました。とにかくガンガン振り回す・・・凡打の山ができました。腕の筋トレも随分としました。でも効果がでません、どうしたら・・・。野球をやっていると内角の球をあまりにも見事な飛距離でファールを打ったことはありませんか?いわゆ...

≫続きを読む

野球 バッティング| ボールを飛ばすコツ

バッティイングでボールを飛ばすコツを紹介します。自分の以前飛ばないことを随分考えました。とにかくガンガン振り回す・・・凡打の山ができました。腕の筋トレも随分としました。でも効果がでません、どうしたら・・・。野球をやっていると内角の球をあまりにも見事な飛距離でファールを打ったことはありませんか?いわゆ...

≫続きを読む

野球 バッティング| バッティングのコツとは?

野球の醍醐味、バッティングについて。バッティングのコツは?ヒットにできる球とそうでない球を見極め、ヒットできる球を確率高くヒットにすること。これに尽きると思います。具体的にはボールをひきつけること。それはボールの球種、回転、軌道など情報収集するというで打つべきがそうではないのか判断とするため。言い換...

≫続きを読む

野球 野球のバッティングとは とっておきのバッテイングを紹介します!

野球のバッティングで一番だ大事なことはずばりタイミングです。ピッチャーはボールに緩急をつけ、ときにはフォームを変則にしてバッターのタイミングをはずしにかかります。投球パターンを読むということもありますがあまり山をかけても確率がどうなのかと思います。それよりも基本はストレートのタイミングでまちながら...

≫続きを読む

野球のバッティングはタイミングがすべて タイミングの絶妙な取り方とは?

バッティングで一番大切なタイミングの取り方を紹介します。野球のバッティングで一番だ大事なことはずばりタイミングです。ピッチャーはボールに緩急をつけ、ときにはフォームを変則にしてバッターのタイミングをはずしにかかります。投球パターンを読むということもありますがあまり山をかけても確率がどうなのかと思い...

≫続きを読む

野球 バッティング タイミングの取り方を紹介します

バッティングで一番大切なタイミングの取り方を紹介します。野球のバッティングで一番だ大事なことはずばりタイミングです。ピッチャーはボールに緩急をつけ、ときにはフォームを変則にしてバッターのタイミングをはずしにかかります。投球パターンを読むということもありますがあまり山をかけても確率がどうなのかと思い...

≫続きを読む

少年野球 バッティング タイミングの取り方を紹介します

少年野球でもバッティングのタイミングの取り方は同じですね。小学生のほうが感覚的にできちゃうところがすごい・・・。大人は理解が必要です。。バッティングで一番大切なタイミングの取り方を紹介します。少年野球のバッティングで一番だ大事なことはずばりタイミングです。ピッチャーはボールに緩急をつけ、ときにはフ...

≫続きを読む

野球 バッティング タイミングの取り方は投手とのシンクロにあり!

ピッチャーの投球動作に、自分のバッティング動作を連動(シンクロ)させよう!このシンクロこそがどんなタイプのピッチャーにも対応するコツです。ピッチャーの投球動作にシンクロさせて、スイングする動作をするにはピッチャーの体が沈んで、腕が後ろにまわった瞬間に、バットをトップの位置にスタンバイし振り下ろすだ...

≫続きを読む

野球 バッティング タイミングの取り方を練習する方法とは?

ピッチャーの投球動作に、自分のバッティング動作を連動(シンクロ)させよう!このシンクロこそがどんなタイプのピッチャーにも対応するコツです。ピッチャーの投球動作にシンクロさせて、スイングする動作をするにはピッチャーの体が沈んで、腕が後ろにまわった瞬間に、バットをトップの位置にスタンバイし振り下ろすだ...

≫続きを読む

野球 バッティング タイミングがどうしても早いときには

タイミングが早い時は体重移動が早い可能性が高い。右バッターであれば、まず右足の軸をしっかり地面をスパイクで噛むことを意識してください。左足はタイミングをとり、体を回転させるためと考えれば、タイミングがとりやすくなり、ボールをひきつけることができます。タイミングがはやいとボールの見極めがあまくなりま...

≫続きを読む

草野球 | バッティング 当たらない方へ

草野球の醍醐味、バッティングでボールがあたらないなんて悩み。一般的にいわれるように、ボールをよく見るなんてことは確認済みかと思います。それと念のためにスイングが波をうっていないか確認してください。ボールに当たらない、うまくバットの芯でとらえることができないというのはなにかがずれています。以下の手順で...

≫続きを読む

野球 | バッティング 軸足の使い方

野球はバッティングがうまくないと楽しくない!軸足の使い方でバッティングがよくなる。これは経験上あたりだと思います。その軸足の使い方とは・・・ずばり重心を軸足にのこしたままスイングするんです。体重移動するんじゃないの?そうです、でも100%体重移動しません。7-3くらいで軸足に体重を残しておいて、コ...

≫続きを読む

野球 | バッティング インサウドアウトを体が覚えるコツがあり

野球はバッティングがうまくないと楽しくない!バットをインサイドアウトで振るといいと聞くがどういうことか。まずインサイドアウトのスイングとは、両脇をあけず、体にまきつけたままスイングすることだ。その結果、バットは体に近いところからでて、フォロースルーへ流れる。このスイングをすることのメリットは以下のと...

≫続きを読む

野球 | バッティング インパクトで飛距離を出す方法

野球はバッティングがうまくないと楽しくない!インパクトで飛距離が決まる。いきなり答えをいうと、インパクトの瞬間に押し出すといい。O.数コンマの瞬間はボールをバットで受け止め、そして押し出す。ボールをひっぱたくのではない、‘受け止めて押し返すのだ’押しだすためには、腕がのびきっていると力がはいらない。...

≫続きを読む

野球 | バッティング とっておきの教え方

腕の位置が、トップが、ステップが・・・などといわれながらバッティングの指導をうけるのはほどほどうんざりした経験はありませんか?こんなバッティングの教え方は×。教えているほうも、教えられているほうもストレスがたまります。それならが、巨人の坂本みたいにバットのトップの位置をあげてみたらどう?坂本みたい...

≫続きを読む

野球 | バッティング の理想的な構えとは

野球はバッティングがおもしろい!さて、そのバッティングをよりよくするために理想的な構えについて考えたい。理想的な構えとは?ずばり、どうなんでもいいじゃん!っていうのがひとつの結論です。それぞれがバッティングスイングに入りやすい、ピッチャーとのタイミングをとりやすい構えでいいんじゃないでしょうか。大リ...

≫続きを読む

野球 | バッティング は下半身の安定感が大事

野球は下半身が大事だ。理由は2つ。@タイミングをとるのは下半身Aボールを遠くに飛ばすのは下半身の安定感@タイミングをとるのは下半身腕でタイミングをとるひともいますが、下半身、つまり足でタイミングをとるのが基本でしょうね。なんといっても始動するのは下半身ですから。すばやく始動するためには、リラックスし...

≫続きを読む

野球 | バッティング スライダーの打ち方 コツ

スライダーを勝負球で使う投手は多い。コースの投げ分けで2種類ある。ひとつは内角ボール気味からストライクゾーンにはいってくるスライダー。もうひとつは外角のストライクゾーンからボール気味に逃げていくスライダーだ。内角からのスライダーはボールと思ったらストライクゾーンにはいってくるので見逃すことか多い。い...

≫続きを読む

野球 | バッティング 軟式野球で流し打ちをするコツとは?

自分は硬式をもともとやっていたんですが、軟式を始めたときにフライがあがってしまって仕方がありませんでした。もちろん自分ではバットの芯でとらえたつもりですが、スピンのかかった内野フライの連発です。どうやら軟式のボールが公式に比べ、その名のとおり柔らかいためでしょう。バットとボールが衝突した瞬間にボール...

≫続きを読む

野球 理想的なバッティングフォームにする方法

バッティングフォームを安定させると、以下2点の効果があります。●打率がたかくなる。●好不調のなみが小さくなる(スランプにおちいりにくい)どんな投手にたいしても、どんな角度からボールがストライクゾーンにはいってきても自分のタイミング・ポイントでボールをとらえる。こういうバッティングフォームを習得してく...

≫続きを読む

野球|バッターボックスで肩腕の力を抜く方法

バッティングフォームを安定させると、以下2点の効果があります。●打率がたかくなる。●好不調のなみが小さくなる(スランプにおちいりにくい)どんな投手にたいしても、どんな角度からボールがストライクゾーンにはいってきても自分のタイミング・ポイントでボールをとらえる。こういうバッティングフォームを習得してく...

≫続きを読む

野球・バッティング|打つ方向を決めて打席に立つのはっ有効?

ある程度どこに打つかを考えて打席に立つとヒットできる可能性があがる。打つ方向としてはレフト、センター、ライトの3方向。ズバリ、センターがいい!いろいろやってみたが、軟式野球の場合は、センター返しがいちばんヒットできる可能性が高い。まず引っ張りはボテボテの内野ゴロになる可能性が高い。どうしても力がはい...

≫続きを読む

野球・バッティング|ビヨンドマックスは軟投派投手にはあわない?

ビヨンドマックスというバットをご存じだろうか?芯の部分がやわらかい素材でできていて、より反発力を生み、飛距離をだすというものだ。だれもが長打を狙いたい、その心をつかんだ、大ヒット商品だ。現在の改良されて販売され、類似商品も他社からでている。1本30000円ほどする高価なものだ。草野球チームではさすが...

≫続きを読む

野球・バッティング|確実にファールを打つバットコントロールのコツは

ボールくさいコースへきたときはファールで次のボールにつなごう。2ストライクに追い込まれてもあわてず、あまいボールをまちたい。あまいボールほどヒットにできる可能性はあがるのだ。打率をあげるコツはファーボールを選ぶことだ。これは少々我慢がいる。だれだって打ちたいものだ。さて、ファーボールを打つコツです。...

≫続きを読む

野球・バッティング|高めのボールはなぜヒットしやすいのか?理由は2つある

内野ゴロは強い打球を打ってもゴロになりやすい。だから高めを狙う。高めの球はなぜ打ちやすのか?目線にちかいからだ。ボールの距離感をはかるのは当たり前だが目だ。目と高さがちかいほど、目は距離感を感じる。キャッチボールを思い出してほしい。顔のあたりにきたボールとベルトあたりのボールはどちらがとりやすいだろ...

≫続きを読む

野球・バッティング|バットコントロールをしやすくするための工夫とは?

ボールへのつよいインパクトを与えるためにはバットを強く振りたいと思うのは当然だ。しかし、もう一つ大切なことがある。ボールをバットがしっかりとらえないとボールは飛ばない。この精度が大切だ。精度をあげるためには練習と、バットを一握りに短く持つ。そうふるとバットのコントロールが思いのほかしやすくなる。これ...

≫続きを読む

野球・バッティング|体幹をつかったバッティングでボールを飛ばす!

すべてはボールに強いインパクトを与える!これがすべてといっても過言ではない。さてずばり、体幹(腰・肩・背)の筋肉をねじるイメージでその反発力をエネルギーとする。バックスイングで太ももと体幹の筋肉をねじって、その反動をおさえつつ一気に解放しスイングへとつなげる。体幹のねじったエネルギーを利用するという...

≫続きを読む

野球・バッティング|ボールをとらえる場所で飛距離が違う!

2回つづけて飛距離を出すバッティングにこだわります。引き付けて打つことが飛距離につながることはこのブログで何度か触れていますがじゃ〜具体的にどこって話です。ずばり、おへその前です。実際にフリーバッティングで試してみてください。近すぎると腕をおったままで伸ばす力が使い切れない。ピッチャーよりだと腕が伸...

≫続きを読む

野球・バッティング|腰の使い方 ずばり!ひねらない、ねじろ!

腰の使い方に注意必要です。体のエネルギーをバットスイングまで届けるには腰を軸にした体をねじるのがおおきな体の反動を生み出します。あまりにも体ごとひねってしまい、単に後ろをみてるだけじゃないか・・・と思う方がいます。回してもねじったことにはなりません。雑巾をしぼったときに反動があってひろがろうとするで...

≫続きを読む

野球・バッティング|体が突っ込むくせをなおす考え方と練習

体が突っ込むくれをなおしましょう。たぶん気持ち的にはつまるのがいやだからできるだけ前でとらえたい。ストレートに振りおくれたくないというのが深層心理にありませんか?バッターが一番嫌なのはつまること、振りおくれること。たしかにかっこわるいですよね。でもここで考え方をかえてほしいと思います。考え方をかえな...

≫続きを読む

野球・バッティング|素振りの画期的な練習方法とフォーム

素振りの話をする前に大切な練習の考え方です。この考え方があれば素振りもより意味のある、効果あるものになります。あの単純な?素振りというものも考え方で、すごい素振りになりますよ。この言葉をしっているだろうか?練習は本番のように、本番は練習のように。この言葉すごいと思う。これができている人はほとんといな...

≫続きを読む

野球・バッティング|体の開きをおさえる簡単な方法とは?

体が開いたらまず打てません。自分はちゃんと芯でとらえているつもりなのに外角がバットの先っちょにあたってボテボテのゴロを連発するようであれば体が開きを疑ってください。試合形式でフリーバッティングをしたときに自分の足跡を確認してください。あれま、びっくり(笑)なんてことままあります。必要なのは定点観測す...

≫続きを読む

野球・バッティング|ボールに対して最短距離でバットをふるにはどうしたらいいか?

ボールに対して最短距離でバットをもっていくにはどうしたらいいだろうか?最短距離でバットをもっていけるということはそれだけボールをロックオンする時間ができる。ということはバットの芯でとらえられる可能性がUP!逆にバットが外からでてくる、つまり大振りになるということはどういうことか?脇を締めるとかの問題...

≫続きを読む

野球・バッティング|ファーストストライクを積極的になることが打率をあげるコツだ!

どんな球でもヒットにしようなんてかんがえなくていい。打てる球を打つ!ヒットにできる可能性が高い球を打つ!ピッチャーはプロ野球ですら、コントロールミスする。スポーツニュースのホームランシーン特集をみてほしい。みごとにあまい球をホームランしている。プロでもあんな球投げるんだ〜というのが自分の率直な感想だ...

≫続きを読む

野球・バッティング|センター返しでヒット量産を狙う理由とは?

なんでか?センター返しにこだわるのかというと強い打球を打とうとしてひっぱると、いわゆる「ひっかける」つまり内野にボテボテのゴロがいきやすい。逆に流し打ちはどうか。これはフライになりやすい。とくに草野球で軟球をつかっている場合はとくに「こすった」フライが多い。どっちの可能性もすくないのがセンター返しだ...

≫続きを読む

野球・バッティング|ストレートに振りまけないスイングはバッターボックスに入る前の...

こんな方法でこんなにバットが軽く感じるんだ・・・。バッターボックスに入る前に10回くらいおもり(バットウェイティング)をつけてスイングをします。よく考えたらプロでは当たり前ですね。バットに白いバットウェイティングをしてスイングしてからバッターボックスにはいってますよね。ちなみにあの白いバットウェイテ...

≫続きを読む

野球 バッティング|バットの先っちょにどうしてもあたってしまう・・の修正の方法

自分では真芯でとらえたつもりなのにあれま、バットの先っちょでピッチャーゴロなんてことが連発したら要注意です。先っちょにあたる主な原因は体がひらいていることです。わかっていても感覚がずれてしまっているのでますその認識を修正することからやると効果的です。まずはバッターボックスにはいって外角をイメージして...

≫続きを読む

野球 バッティング|体育学博士 安藤秀氏の『野球に革命を起こすバッティング理論』...

体育学博士 安藤秀氏の『野球に革命を起こすバッティング理論』(現代書林)を読んだ、とても面白く参考になった。バッティングにはトップポジションの次にスタートポジションがあるというのだ。本書にも落合博光氏などの絵があるが、実際に自分がもっている雑誌にある連速写真で高橋良伸、福留、小久保など一流バッターの...

≫続きを読む

野球 バッティング|バットの先っちょにどうしてもあたってしまう・・の修正の方法

わずかにヘッドがさがったスイングでボールをとらえると飛距離が出やすい。レベルスイングで芯でとらえればライナー性の打球がいくが低い弾道で長打にならない。よっぽど外野の間を強い打球でぶちぬけば別だが。

≫続きを読む

野球 バッティング|ボールをとらえるのはヘソの前!インパクトはここだ!

バッターはストレートに振りおくれるのはいやなものだ。だからどうしても前で前でボールをとらえたいと考える。そうなるとピッチャーの思うつぼで、変化球でおよがされる。これがスランプにつながりやすい。ボールをとらえるのは基本ヘソの前と考える。バッターボックスに入る前に確認することはストレートをヘソの前でとら...

≫続きを読む

野球 バッティング|どこでもできる!動体視力の鍛え方

動体視力を鍛えることできる!動体視力は加齢とともにその能力が衰えてくるようです。わかりやすいところでは40才をすぎてくると実感するのですがフライが上がった時に、ボールの遠近感がわからずボールの着地点がわからない(ToT)こんなことはなかったのにと思いつつ。やはりボールがある程度近くまでこないとわから...

≫続きを読む

野球 バッティング|荒れ球のピッチャーから1点とるにはどうしたらいいか

荒れ球のピッチャーはなかなか点が入らない。バッテリーは意図していないのに、結果として、読めないすばらしい配球となっている。キャッチャーも真ん中にかまえているだけで、球種のサインをたすだけ。こまった配球が読めない、例えば内角をまっていても来るかどうは神様のみ知っている・・・。こういうピッチャーから連打...

≫続きを読む

野球 バッティング|脳を活性化することで150kmの球も打てる

速球は打ちずらい。なぜか?判断する時間が短いからだ。一瞬でストライクかボールか、高いか低いか、さらには打ちにいくべきか、止めるかを判断しなくてはならない。軟球は130kmクラスになるとボールをしっかり叩かないと、飛ばない。フライになったり、かすってファールなど。軟球はどうしても潰れるからでしょうね。...

≫続きを読む

野球 バッティング|軟式野球でも流し打ちできるバッティングがあった!

自分はビヨントマックス750gをつかっています。このビヨンドマックスは打った感触が最高ですよね。芯をとらえてとんでいくあの感触はくせになりますよね。一方で芯をくわないと凡打やフライの量産が・・・こすっちゃうんですよね。自分は高校時代は硬式野球をやってました。流し打ちがとくでバッティング練習からいつも...

≫続きを読む

野球 バッティング|右脳を鍛えれば動体視力は向上する!では右脳を鍛え方

右脳は映像処理を処理する能力をもっている。例えば、だれかと話しながら相手の表情をよみ、相手が自分に好意をもっているのかもしくは敵対心をもっているのか瞬時に分析し判断する。これを野球に当てはめると、18.44mのピッチャーとキャッチャーの距離で120kmのボールを投げ込んでくるわけですがその瞬間でボー...

≫続きを読む

野球 バッティング|ティーバッティングで打てる方向を確認する

ティーバッティングの意味・効果のオレ流です。ティーバッティングでどの方向に打つとボールの真芯をくってライナーの強い当たりが打てますか?自分が右中間方向に打つ打球がライナー性の強い打球を打てる回数が多かったです。思いっきり引っ張ってもゴロばかりでうまく真芯であたりません。これで気が付きました。自分がヒ...

≫続きを読む

野球 バッティング|軟式野球でエンドランスクイズが有効な訳とは

エンドランスクイズとは?ランナー3塁で、投手が投球フォームに入り次第、3塁ランナーが走ります。スクイズと同じです。そしてバッターは?????バントではなく打つんです。内野ゴロの間にランナーはホームインというわけです。さて、ではなぜバントではなく、ヒッティングという方法をとるのでしょうか。硬式と軟式を...

≫続きを読む

野球 バッティング|どのコースに照準をあわせてまつか

バッターボックスに入る前にどのコース、どの球種に照準をあわせるかと言われれば、球種はストレート。これは草野球ではオーソドックス。ストレートを待っていれば、それよりおそい変化球には対応可能だ。逆にカーブなど緩い変化球をまっていて、ストレートを打ちにいくと当然つまる・・・。さて、コースは?@内角をまつA...

≫続きを読む

野球 バッティング|凡打量産をさけるコツがあります

凡打凡打・・・嫌な言葉だ。軟式野球ではバットにボールのゴムが残るがみてびっくり・・・バットの芯の上下にはずしているのかと思ったらなんと思いのほかバットの先っちょ!おかしいバットの芯でとらえたつもりが10cm以上はずれたバットの先っちょ。つまり自分の感覚がずれているのだ。バットの芯で打ったつもりが、先...

≫続きを読む

野球 バッティング|打ちずらい内角をさばく だれでもできる方法とは

内角が苦手なのは清原だけではありません。腕をたたんで内角のボールをさばくのはだれでも難しい(ピッチャーも投げるのは技術がいるのですが・・・)。内角をさばく方法は体をコマの回転させ遠心力を使ってよりピッチャーよりでバットの芯でとらえるということになりますが、それはわかっていても、さてどうしていいものか...

≫続きを読む

野球 バッティング|どのコースに照準をあわせてまつか(コピー)

バッターボックスに入る前にどのコース、どの球種に照準をあわせるかと言われれば、球種はストレート。これは草野球ではオーソドックス。ストレートを待っていれば、それよりおそい変化球には対応可能だ。逆にカーブなど緩い変化球をまっていて、ストレートを打ちにいくと当然つまる・・・。さて、コースは?@内角をまつA...

≫続きを読む

野球 バッティング|外角にするどいスライダーを投げてくる投手にどう立ち向かうべき...

いいピッチャーは速いストレートとスライダーをもっている。巨人の菅野のようなスライダーだ。手におえないスライダーはストレートと同じ軌道でむかってくる。振ってみたら当たらない(あれって感じ)ホーベース前で鋭く曲がっているのだ。困ったことにスライダーがくるのをわかっていても当たらない。ストレートに合わせた...

≫続きを読む